初めてでも怖くない、高速道路の基礎知識

高速道路をはじめて走る場合や、めったに利用しない場合は、走り慣れていないので緊張するものです。
しかし、最低限のルールを守って走れば、決して怖いことはありません。
まず、最初に通過する料金所では、ETCを搭載している場合はETCレーンに入り、バーが上がるのを確認してゆっくりと走行します。
搭載していない場合は、一般レーンで通行チケットを取ります。
次に、料金所から本線に入るときには、流れに乗れるように十分に加速をして走行車線に入ります。
本線を走行中は、慣れないうちは前方にゆっくりと走る車がいたとしても、流れに沿って走行車線を走った方が安全です仮に追い越しをするときには、後方から車が来ていないことを十分確認して、速度を落とさず右の車線に入ります。
右側車線は、あくまでも追い越すために一時的に走ることができる車線ですので、このまま右側の車線を走り続けることは違反になります。
追い越ししたい車の前に出るときには、十分に車間距離を取って、左側の車線に戻ります。
右側の車線は追い越し車線ではありますが、料金所付近では、本線に合流する車が流れに乗りやすいように、可能な限り料金所手前の余裕がある地点で、一時的に右側の車線に入るように心がけておきます。
そうすれば、本線に合流する車が入りやすいので、お互いが流れに乗ったスマートな運転ができます。