ABCクリニックは傷跡が残る!?医師の技術力に問題有り?

ABCクリニックは傷跡が残る!?医師の技術力に問題有り?

 

 

ABCクリニック傷跡が残らない様に
気を付けてくれるクリニックなのかとっても気になりますよね。

 

 

包茎手術は手術方法や、医師の技術力によっては、
傷跡が残ってしまうことが有ります。

 

 

傷跡を残さない為には、仕上がりを考えた手術方法と、
医師の経験や技術力が必要になります。

 

 

ABCクリニック傷跡を残さずに包茎手術が出来る医師がそろっているのか
見ていきましょう。

 

 

ABCクリニックの包茎手術は傷跡が残る?

ABCクリニックは傷跡を残さない様にする手術方法が有ります。

 

 

オーソドックスなABC式CSカットは環状切開術になりますので、
クランプと呼ばれる専用の機器を使用し包皮をカットします。

 

 

ただ、レーザーメスを使用するので、
切った部分が硬くなってり荒くなってしまったり傷跡が残る事がありますし、
ツートンカラーになるなど、包茎手術を受けたことがわかるような仕上がりになります。

 

 

手術の傷跡ががわかると、彼女が出来ても積極的になれなかったり、
温泉でも友人に恥ずかしくてばれないがビクビクしてしまいますよね。

 

 

しかし、
ABC式Sカットという手術方法は、
完全に医師の手作業で手術しますので、
傷跡も残らず自然な仕上がりになります。
 
 

 

傷跡が残らなければ、恥ずかしがることも、消極的になる事も有りませんから、
堂々と男らしくいる事が出来ますね。

 

 

 

ABCクリニックは傷跡が残らないのは医師の技術力の高さも

 
ABCクリニックには傷跡が残らない手術方が有る事は、
お伝えしてきましたが、
もう一つ傷跡が残らない理由として、
医師の技術力の高さがあげられます。

 

 

 

先ほどABC式Sカットが手作業で傷跡が残りにくいとお伝えしましたが、
手作業でする限りは医師の能力によって仕上がり具合が変わります。

 

 

しかし、ABCクリニックの医師は傷跡を残さない様に
手術する事が出来ます。

 

 

もちろん技術力が高いからなのですが、
その
技術力の高さの証明として、
他院の修正再手術件数が非常に多い事があげられます。 

 

その数なんと年間3800件。

 

 

 

 

他院の修正再手術とは、他のクリニックや病院などで包茎手術を受けたものの、
仕上がりぐあいや見た目に満足いかない患者さんを対象に
再度修正や形成手術を行う事を言います。

 

 

本来、手術をしたクリニックや病院で診てもらう事も出来るのですが、
「失敗された所では診てもらいたくない」
「何度言っても対応してくれなかった」
この様な感情があり、ABCクリニックに駆け込んでこられるようです。

 

 

修正再手術は普通の包茎手術と違い、
様々な状態の患者さんがいるので、非常に難易度の高い手術です。

 

 

クリニックの中には、修正再手術を断るクリニックも有るほどですから、
難易度の高さがわかります。

 

 

それでも、ABCクリニックは修正再手術を積極的に受け入れている所を見ると、
医師の能力がわかりますよね。

 

 

難しい修正手術の実績や経験があれば包茎手術なんて難しいものではありません。
「修正手術はうまいけど包茎手術はへたくそ」
なんて事は絶対にありえないですからね。

 

 

 

温泉で恥ずかしい思いをしたり、彼女に嫌われない様にするのであれば、
ABCクリニックを選択してください。