ABCクリニックは保険適用外でも仮性包茎は泌尿器科より安くなる!

ABCクリニックは保険適用外でも仮性包茎は泌尿器科より安くなる!

 

 

ABCクリニックの包茎手術は保険適用外の手術になります。

 

 

 

一般的な病院などの泌尿器科では保険で手術が受けられるのですが、
なぜABCクリニックの包茎手術は保険適用外なのでしょうか?

 

 

 

また、仮性包茎は泌尿器科よりも安く受ける事ができます。
その理由についても紹介して行きましょう。

 

 

 

ABCクリニックは保険適用されないのはなぜ?

 
「ABCクリニックは包茎治療は保険適用外で、
一般病院の泌尿器科の包茎治療は保険適用されるのはなぜ」って思いますよね。

 

 

 

これはABCクリニックなどの包茎専門クリニックは
医療行為ではなく美容行為とみなされるからのようです。

 

 

 

その点、病院の泌尿器科での包茎手術は、
生活に支障がある症状とみなされ、保険が適用されます。

 

 

 

ですので、
全ての包茎が保険適応になるのではなく、
仮性包茎は保険対象外になります。

 

 

 

 

真正包茎の様に皮を被った状態で、不衛生なことで病気になりやすくその他に弊害が出ると考えられ
カントン包茎ではうっ血や腫れの原因になる為、保険適用外になります。

 

 

 

 

包茎手術は保険で手術した方がいい?

 
包茎手術が保険で治療されるのであれば、
「病院で手術した方が安く済んでいいんじゃないの」
と思われるかもしれませんが、
病院の包茎手術は、保険の対象になる事以外の治療は出来ません。

 

 

 

 

要するに、とにかく包茎の状態を改善出来ればいいと考えられているので、
術後の仕上がり具合や、その後の性行為の事などは一切考えられていません。

 

 

 

 

その為、ツートンカラーや目立つ位置に傷口が出来てしまい、
「明らかに包茎手術してきましたよ!」って感じになってしまったり、
性行為の時に痛みが出るなど術後に様々な問題が出る事が有ります。

 

 

 

 

キレイな仕上がりや、性行為の事を考えて、
「ナチュラルな露茎」にするには専門のクリニックでしか出来ません。

 

 

 

「とにかく包茎の病気がだけ改善出来ればいい」
「今後誰にも見られる事は無いから仕上がりは気にしない」
「一生、性行為はしないから、痛みが出ても問題無い」
この様な方は病院の泌尿器科で包茎手術を受けても大丈夫です。

 

 

 

仮性包茎ならABCクリニックは保険適用なみに手術費用が安くなる

 

仮性包茎の場合は、病院では保険適用外になるので、
手術してくれない病院もある様です。

 

 

 

もし手術をしても、10万円近い自己負担額になり、
しかも仕上がりがキレイではない状態ですから、
それなら病院で包茎手術を受ける理由が見当たらないですよね。

 

 

 

そこでABCクリニックなら仮性包茎の包茎手術は
保険適用並みに安く受ける事が出来ます。

 

 

 

その金額がなんと3万円。

 

 

 

この値段は、ABC式CSカットという、ABCクリニックの定番手術なのですが、
通常は5万円の値段から「3、30、3プロジェクト」というキャンペーンを利用する事で、
3万円になります。

 

 

 

 

泌尿器科で真正包茎やカントン包茎の手術を受けた場合は、
約3万円程度のねだんですから、それとおなじだけの金額で
仮性包茎の手術が受けられるABCクリニックはとても安い金額設定と言えますよね。

 

 

 

 

包茎手術を検討しているなら、ぜひABCクリニックで低料金で受けてくださいね。