通行止めなどの場合の乗継証明書のもらい方

高速道路の通行料金というのは、道路を自動車で走行して利用したことによる対価としての位置づけであり、所要時間の保証までもが含まれているわけではありません。そこで、高速道路の渋滞によって時間に遅れてしまったとしても、通行料金の払い戻しなどはないというのが原則となっています。
しかし、通行止めによって高速道路の一部の区間が通行不能になってしまったといった場合は、本来であれば長距離を連続走行して受けられたはずの割引が受けられなくなってしまうなどの不利益が生じてしまうところから、これを防ぐために乗継証明書とよばれるものの交付を受けることができます。
この証明書は、通行止めで降りることになったインターチェンジの料金所にいる係員に申し出をすれば、無料で交付してもらうことができます。もし一般道に迂回して他のインターチェンジからふたたび高速道路に乗った場合には、通行券とともにこの証明書を係員に提示すれば、割引制度の適用を受けることが可能です。
また、ETCで料金の決済を行っている場合については、同じETCカードで高速道路を走行する場合に限り、特に証明書の交付を受けなくても、クレジットカードの請求の際には自動的に精算されます。

コメントは受け付けていません。